ごうた歯科

板野郡北島町 ごうた歯科 歯科・小児歯科・歯科口腔外科

〒771-0203 徳島県板野郡北島町中村字本須92-11
tel:088-679-1300 fax:088-679-1301

求人

院長セミナー参加履歴

一般歯科歯周病小児歯科ブリッジ・義歯・インプラント歯を白くきれいにしたい方へリラックス歯科外来 子供さんの歯並びが気になっている方へ

※上記QRコードを読み取ると携帯サイトを閲覧することが出来ます。

診療案内

一般歯科

一般歯科 当院では「なぜ、虫歯になったのか?」「どうして、歯を抜かないといけないのか?」という患者様の疑問を大切にしております。
患者様が自分の身体に起こった疾病を知り、理解して、治療に自ら立ち向かう事が重要であり、患者様の権利であると考えるからです。
そして、患者様の「どうして?」という問いには、科学的根拠に基づいた「なぜなら」という答えを用意します。そのためには治療前の検査、説明に十分時間を費やす必要があることをどうぞご了承ください。
みなさまが気軽においでになられる歯科医院を目指しております。ぜひ、みなさまの「なぜ?」を我々にお教え下さい。

また、当院では、科学的知識に裏付けられた医療を心がけております。
ひとつひとつの疾患・治療には、原因と結果があります。それらを十分に説明した上で、治療をさせていただいております。
そのため、治療前の説明に時間がかかる場合があります。どうぞご了承ください。
治療期間が長いことは、丁寧な治療を行う上で必要な場合もあります。
なるべく診療日と診療日の間を短縮、一回あたりの治療時間を長くすることで、治療を短期に集中して、患者様の負担を少なくするよう努めております。

 

 

歯周病

代表的な歯の病気に、むし歯と歯周病があります。
歯そのものを傷めるむし歯とはちがい、歯周病は歯を支える周りの組織(歯周組織)におこる病気です。

歯を失う最大の原因は歯周病
35歳以上で80%以上の人が歯周病に!成人の歯を失う原因の第一は歯周病です。

口の中の異常というと、歯に穴があいたり、痛くなったりといった虫歯の症状が目立ちます。
しかし、いつの間にか歯を支えている組織をむしばむ歯周病は、かなり病状が進行しないと自覚症状があらわれないことから、治療が手遅れになりがちです。
それゆえ、成人の方の歯を失う原因の第一となっています。

歯周病がおこる原因
歯周組織は歯肉(歯ぐき)と歯を支える骨組織(歯槽骨)、歯の根元をおおうセメント質、歯根と歯槽骨をつなぐ歯根膜からなり、歯を正しい位置にしっかり付着・固定するための強固な構造を備えています。
しかし、歯磨きが不十分で、歯と歯肉の間に細菌が住み着いてプラーク(歯垢)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。
これが歯周病の始まりです。

歯周病は生活習慣病です。
歯周病の第一の原因は、前に述べたようにプラーク(歯垢)です。しかし歯をあまり磨かなくても歯周病にならない方もいれば、一生懸命磨いても少しずつ悪くなられる方もいます。
すなわち個々の患者さんの先天的な要素が多くをしめており、これは糖尿病や高血圧症などのいわゆる生活習慣病の成り立ちと似ています。それゆえ、患者さん、歯科医師両者にとってそれぞれの患者さんのタイプを判定することが重要になります。
その他歯周病の原因として、喫煙、糖尿病などの全身疾患、ストレス、歯ぎしり、噛みしめなどの習慣があげられます。

歯周病の治療
当院では下記(歯周病治療の流れ)のような診療システムを設立し、患者さんの歯をできるだけ長く守ることを目的に診療を行っています。

  • 当院の院長は、日本歯周病学会の認定医で歯周病治療に精通しています。
  • 最新の技術と知識を駆使して、歯科医師、医師、歯科衛生士、歯科助手とのチームワークで治療にあたります。
ホームケア
歯周病治療を成功に導くため、大切なのは患者さんのホームケアです。
当院では、患者さん個々の歯並びや歯周組織の状態に応じて適切な歯ブラシの方法を歯科衛生士が指導致します。
それには、
 
  • 自己管理(正しいブラッシング)
  • 高い水準の治療(ハイレベルな技術)
  • リコール(定期検診)
が必要となります。

自己管理(正しいブラッシング)・高い水準の治療(ハイレベルな技術)・リコール(定期検診)

 

 

小児歯科

小児歯科多くの方々が、小さい頃から歯医者には恐怖心を持ってらっしゃいます。「怖い」「痛い」「気持ち悪い」といったマイナスのイメージをいだいているからです。
「三つ子の魂、百まで」。幼児の頃のマイナスのイメージは、成人してからもトラウマとなって残ってしまいます。
歯医者に通うという恐怖があると、ご自分のお口の健康を自分で壊してしまうことになりかねません。

逆に、小さい頃から歯医者に対して良いイメージを持っていたなら、大人になってからもご自分で積極的にお口の健康を守ろうと思われることでしょう。
当院では、緊急事態でない限り、小児の患者様は治療を直ぐに始めません。

まずは歯医者やスタッフと仲良くなることから始めましょう。
そしてぜひ、歯医者と友達になってもらいたいと考えています。歯科医院に来ることが、友達の家に遊びに行くような感覚になれば、お子様は歯医者を怖がらなくなるのではないでしょうか?
歯医者に遊びに行く習慣がついたら、その患者様は大人になった時にきっと素晴らしく健康なお口を得られるでしょう。
さあ、ごうた歯科に遊びにおいでください。

 

 

ブリッジ・義歯・インプラント

ブリッジ・義歯・インプラント不幸にも歯を失った場合、代用となる装置を使用しないといけません。一般的には、ブリッジ、義歯、インプラントという3種類の方法で装置を作成することになります。すべてに長所・短所があり、どの方法が優れているとは、一概には言えません。

当院では、まず何が原因で現在の歯の状態になったかを分析し、患者様ご自身にどの方法が現在のご自分に最適な方法なのかをよく考える機会を持って頂くようにしています。原因を追求し、患者様ご自身が意識されてその原因を改善しない限り、再び歯の喪失という不幸を繰り返すことになります。

かけがえのない歯です。
まず出発点に戻り、その後に治療方法をご一緒に検討・ご提案させていただきたいと考えております。